レポート作成に悩まなくなります!

ここからは、大学通信教育のレポート作成の“秘訣”についてご紹介していきます。

と、その前に……

「卒業への5つの心得」は、もう読んでいただけましたか?

もしも、まだ読んでおられないのであれば、まず先に、以下の5つの記事を読んでください。

「卒業への5つの心得」に書かれていることを実践すれば、大学通信教育ライフが充実し、レポート作成への意気込みが確実に高まります♪

心得1★卒業後や将来の自分に対する「イメージ」をもつ
心得2★スクーリングでひとりでも多くの友だちをつくる
心得3★入学の目標・動機を明確にし、問題意識をもつ
心得4★学友会やサークルで友だちをつくる
心得5★先生と友だちになる

さて、あなたもご存じのように、大学通信教育では科目ごとに出される課題に対してレポートを書かなければいけません。

すでに大学通信教育で学ばれているあなたであれば、もう何本かはレポートを提出されていることでしょう。

でも、このサイトをじっくり(?)見ているということは、あなたはきっと「大学通信教育のレポート作成は1本仕上げるだけでも大変! もっと楽にレポートを仕上げる方法はないものか……」と感じているはずです。

そして、「このまま続けられるのか……」と、大学通信教育を卒業することに不安を感じていらっしゃるかもしれません。

その気持ち、私もよくわかります。

私もかつて、大学通信教育生としてレポート作成には悩まされましたから……(汗)

でも、ご安心ください!

以下に私は、“何に気をつけてレポートを作成すればいいのか?”“どうやって文章を書いていけばいいのか?”といった“秘訣”について、市販の書籍には書かれていない(教員が公言しづらい)内容を盛り込みつつ、明快かつ具体的に説明していきます。

ですから、このコンテンツを読み終えるころには、あなたは大学通信教育のレポートを作成することに、あまり負担を感じなくなっているはずです。

じつは、このサイトで書いていることのほとんどは、過去に私が授業(大学通信教育を卒業するために受講が必須のスクーリング=面接授業)のなかで学生たちに伝えたことです。

私の授業を受けた学生からは、

「もっと早く先生の話を聞いていればよかった!」
「どうやってレポートを書けばいいのか、よくわかった!」
「効率的なレポート作成の方法って、こういうことだったんですね!」

という、とてもうれしい反響をいただきました(うれし涙!)

大学通信教育は、必要な要件さえ備えていれば、誰でも無試験で入学できます。

しかし、大学通信教育を卒業するには、かなりの量のレポートを提出しなければなりません。

なのに、提出を義務づけられているレポートの書き方を大学が教えてくれるかというと、そうでもないようです。

しかも、大学通信教育は、学生にとって孤独な営みです。

そんな状況のなかで、あなたと同じように、どうレポートを書いていいかわからず、日々悶々と悩んでいる大学通信教育生が非常に多いのです。

「誰か、レポートの書き方を教えてぇぇー!!」

そんな叫びが聞こえてきそうです(汗)。

以下にご紹介していく記事が、そんな悩めるあなたの光明になることを願ってやみません。

◀︎ 心得5★先生と友だちになる
秘訣1★大量のテキストにゲッソリする必要はない ▶︎

【大学通信教育レポート作成必勝法:目次】

管理人のサイト「QLOCOZY」へ