秘訣6★採点者の評価基準に見合うように書く

自分では一所懸命に大学通信教育のレポートを書いたのに、「評価が低かった!」「不合格になった!」という経験はありませんか?

もしもそうした経験があるのなら、そのときとてもくやしい思いをしたはずです。

そして、レポートを評価した教員を恨んだことでしょう(汗)

私も過去に教員(採点者)をしていたときは、けっこう恨まれていたかもしれません……(大汗)

大学通信教育で、自分が思っていたよりも評価が低かったという経験のある人は、私が知っているかぎりでも意外と多く存在します。

自分ではうまく書けたと思っていたのに、評価がかんばしくない……。

なぜでしょうか?

それはおそらく——

レポートの書き方やまとめ方が悪かったからだと考えられます(汗)

「はぁ〜!?」と思いました?

ここで注意していただきたいのは、

あなたが「よく書けた〜♪」という自己評価ではなく、評価・採点する側の基準に照らして問題があったのではないか?

ということです。

つまり、大学通信教育で、あなたが書いたレポートの評価が低かったり不合格になったりしたのは、採点者(教員)の評価・採点の基準に見合わなかったからだという可能性が高いのです。

ということは、評価する教員側の評価・採点基準を知っていれば、そうした事態は防げるということです。

まずは、その基準について知ることがレポート作成の基礎となるわけであり、また、より効率的にレポートを作成するための土台になるわけです。

この基準を知れば、あなたの努力が報われないということは少なくなるはずです。

どこに気をつけてレポートを書けばいいのかがわかるからです。

つまり、前ページでお話しした“採点者受けするレポート”というのは、“採点者(教員)の評価・採点基準に見合ったレポート”ということになるわけです。

【注意】:以下にご紹介していく基準は、あくまでも、私が過去に関わっていた大学(通信教育)の評価・採点基準をベースにしています。そのため、大学通信教育のすべてに当てはまるものではないかもしれません。しかし、以下の基準に即して書けば、どの大学(通信教育)でもそれなりの評価は与えられるはずです。かつて私自身、某大学の通信教育を受けていましたが、「この基準で書いていればもっといい評価がついただろうに!」と今では思っています。ただし、同じ大学・同じ科目でも、採点者(教員)ごとに評価・採点基準がバラバラだとしか思えないような場合があります(悲しいことですが……)。その場合は、臨機応変に対応してください。

◀︎ 秘訣5★採点者を意識せよ!
秘訣7★設題の意図に沿うように書く ▶︎

【大学通信教育レポート作成必勝法:目次】

管理人のサイト「QLOCOZY」へ