秘訣22★文章・体裁を整える

これまで、大学通信教育のレポート評価・採点に関して、重要なポイントをご紹介してきました。

そして、そのなかで、採点者(教員)がよりどころとする(はずの)4つの基準について取り上げました。

復習すると、4つの基準というのは、

(1)設題の意図に沿うように書く
(2)レポートの構成が論理的になるように書く
(3)独自性のあるレポートを書く
(4)自分の考えや意見を添える

というものでした。

じつは、大学通信教育のレポートを採点・評価する基準の重要度としては、以上の4つで約8割を占めます。

それほど、これら4つの基準は、大学通信教育のレポート作成において重要なわけです。

ですから、これら4つの基準を満たすように大学通信教育のレポートを作成すれば、誰でもかなり高い評価が得られるはずです。

しかし、逆に言うと、これら4つの基準を満たすだけでは、まだ完璧だとは言えません。

もう1つ、大切な基準があるのです。

それは——

文章や体裁(ていさい)は整っているか?

というものです。

たとえば、これまでご紹介してきた4つの基準をすべて完璧に満たすようにして大学通信教育のレポートを作成したとしても、文章が乱れていたり、体裁(レポートの形式)がおかしかったりすれば、そのぶん評価は低くなります(汗)

いくらいい内容で独自性にあふれるレポートだったとしても、採点者(教員)が「すげー読みにくっ!」と思うような悪文や体裁であれば、当然のように評価は低くなってしまいます(大汗)

いや、意外と多いんです。

そうしたレポートが……

「もったいないなぁ……」と思います。

ですから、ぜひレポートを清書(印刷)する前に一度は読み直し、意味がとりにくいと感じられた文章や体裁は手直ししてください。

秘訣11★レポートは提出前に必ず人に読んでもらう」でご紹介した方法を使えば、効率的・効果的に作業が進められるはずです。

「でも、“文章や体裁を手直しする”ってひと口に言うけど、いったいどんなことに気をつければいいの……?」

あなたのそんな声が聞こえてきそうですね。

次のページから、「文章作成術」として順にご紹介していくことにしましょう♪

◀︎ 秘訣21★自分の意見や考え“だけ”を書いてはいけない
ノウハウ1★主語に対して述語を正しく対応させる ▶︎

【大学通信教育レポート作成必勝法:目次】

管理人のサイト「QLOCOZY」へ