「西洋哲学史と倫理学のキホン」について

はじめまして、こん○○○。
当コンテンツを作成した「qlocozy」(クロコージー)と申します。
このたびは、「西洋哲学史と倫理学のキホン」へご訪問くださり、誠にありがとうございます。

当「西洋哲学史と倫理学のキホン」は、西洋哲学史(現代思想を含む)と倫理学の基本的な知識についてまとめたコンテンツです。
哲学や倫理学に興味があり、その流れやポイントについて知りたい初心者の方や、哲学・倫理学のレポートの作成や期末試験の対策をしたい大学生の方に役立つ内容となっています(たぶん)。

私は、2000〜2009年にかけて、とある大学の通信教育部で、非常勤講師として「哲学」や「倫理学」を担当していました。
そのとき、授業を担当するにあたって、まず自分自身が西洋哲学史と倫理学を学び直す必要があると思い、ポイントをおさらいしました。
このコンテンツは、そのときのおさらいと、何冊かの入門書や概説書をもとに記述しています。
そして、西洋哲学史や倫理学を概観するときに役立つであろう視点のもとに、各哲学者(倫理学者)の思考のプロセスをたどり、その“型”をシンプルな形で示すことに留意しました。

ちなみに私は、正直に白状(?)すると、大学や大学院で哲学と倫理学を専門に学習・研究したことがありません(汗)
西洋政治思想史や宗教学を専攻したことはあるものの、西洋哲学・倫理学を専攻したことはなく、そのため、専門的なトレーニングを受けたことがありません。
講義やゼミでの指導において哲学について多少教わった程度で、あとはすべて独学です。
しかし、だからといって、いいかげんに記述してあるわけではもちろんありません。
むしろ、哲学・倫理学を専門としなかったからこそ、“楽しもう!”というスタンスで臨むことができました。
その私の楽しみが、あなたへ伝わり、哲学や倫理学をちゃんと勉強してみようという気になっていただけるのであれば、これほど嬉しいことはありません。

それでは、どうぞ本編をお楽しみください。

【西洋哲学史と倫理学のキホン:目次】

管理人のサイト「QLOCOZY」へ