アリストテレス(Aristoteles):倫理学と幸福

アリストテレスは、『ニコマコス倫理学』のなかで、幸福について語っている。

アリストテレスによれば、人が行なう技術や研究、行為、選択はすべて「」(アガトン)を目指しているが、その「善」のなかでも最高位にあるのが「最高善」(ト・アリストン)であるという。
「最高善」は、快楽や名誉、富などのように何か現実的な地位や状態を達成するために目指される「善」ではなく、それ自体を目的とする「善」である。
そのため、この「最高善」こそが、「幸福」(エウダイモニア)だとされるのである。

それでは、「幸福」とは何なのか?
たとえば彫刻家にとって、よい彫刻を制作すること=彫刻家としての機能(役割)を充分に発揮することが「善」であることからわかるように、人間にとっては、人間としての機能(役割)を充分に発揮することが「善」となる。
それでは、人間にとっての「善」とは何かというと、それは、「よく生きること」である。
さらに、「よく生きること」とは何かというと、それは、「最も善き最も究極的な卓越性(アレテー)に即しての魂の活動」=“「卓越性」に即して魂を充分に活動させること”である。

それでは、「卓越性」とは何か?
それは「中庸」(ちゅうよう、メソテース)であると、アリストテレスは言う。
たとえば、徳の1つである勇敢は、超過すれば(行き過ぎれば)向こう見ずとなり、逆に不足すれば臆病となる。
また、気前の良さは、超過すれば浪費となり、不足すればケチとなる。
アリストテレスは、「中庸」を“中間を狙うもの”と表現しているが、これはたとえば、勇敢を例にすれば、たんに向こう見ずと臆病の“中間を狙う”ことでは決してない。
“時と状況と相手に応じて適切に振る舞う”というニュアンスで、たとえば敵と戦うときは、友を守るために、普段であれば向こう見ずだと思われるような行動をとることが、むしろ「中庸」だとされる場合もある。
また、「中庸」は、各人が置かれている状況などによって、ひとりひとり違ってくる。
そのため、「中庸」を実現するには、それぞれの人が「知性」と「欲求」によって「正しい選択」をすることが重要になってくるのである。

ちなみに、アリストテレスは、倫理学の延長線上に政治学を位置づけており、『政治学』においては、人間を「ポリス的動物」(社会的動物)と捉えたうえで、最善の生き方を可能にする国家や社会のあり方について考察している。

※関連ページ:
 「【徳倫理学】アリストテレス:知性的徳と倫理的徳
 「【徳倫理学】アリストテレス:友愛と正義
 「【徳倫理学】アリストテレス:観想と幸福

◀︎ アリストテレス:可能態・現実態、四原因論
ストア派 ▶︎

【西洋哲学史と倫理学のキホン:目次】

管理人のサイト「QLOCOZY」へ