バークリー(Berkeley)

ロックの経験論をさらに押し進めたのが、バークリーである。
バークリー(1685〜1753)は、ロックが唱えた一次性質と二次性質は区別することができず、感覚的認識によってのみ把握できる物体を実体と考えることはできないと主張した。

バークリーは、『視覚新論』のなかで、ロックが言う一次性質は成り立たないと述べている。
たとえば、2人の人が前後に離れて立っているとき、後ろに立っている人が小さく見えるからといって、その人のほうが背が低いと何の疑念もなく判断する人はいないだろう。
後ろに立っている人のほうが遠くにいるのだから、「奥行き」や「遠近」によって小さく見えるのだと、ふつうは判断する。
こうした「奥行き」や「遠近」は、視覚だけの問題のように思えるが、バークリーによれば、それは触覚の問題でもあるという。
つまり、2人とのそれぞれの距離を測るためには、横から見るという視点も必要だが、この視点は、“いま実際に2人を見ている私の視点”からはとることができない。
このとき、対象=物体との距離を測るためには、どれだけ歩けば対象に行き着くか、対象である物体に触れたらどんな感触がするかと推測することが必要になってくる。
あるいは、実際にそうしたことを行なう場合は、その行為に伴う身体運動感覚や筋肉の感覚、触覚から距離を測ることになる。
このように考えてみると、物体そのものに備わった性質=一次性質というものはなく、すべては、物体が感覚器官に働きかけて生み出される主観的な性質=二次性質となる。
つまり、心が知覚する観念はすべて主観的なものであるのだから、心を離れて存在する物体はなく、知覚があってはじめて物体(という観念)は存在することができることになるのである。
こうした見方を、バークリーは『人知原理論』のなかで、「存在するとは知覚されることである」と表現している。

このようにバークリーは、物体を実体としては認めなかったのであるが、一方で、知覚する精神は能動的な存在だとして、その実体性を認めた。
そして、精神については、次のように考えた——

精神は、その意志によって、実際にはありもしないことをさまざまに想像することができる。
しかし、そうした精神であっても、実在しないものを勝手に実在するものへとつくり変えることはできない。
たとえば、月や山の観念は、精神が勝手につくり出せるものではない。
だとすれば、精神が勝手につくり出せない受動的な観念は、“より大きな精神”に由来すると考えられる。
その“より大きな精神”こそ、神である。

このようにしてバークリーは、物体の実体性を否定する一方、神、精神は実体として認めたのであった。

◀︎ ロック:単純観念/複合観念と一次性質/二次性質
ヒューム:印象と観念 ▶︎

【西洋哲学史と倫理学のキホン:目次】

管理人のサイト「QLOCOZY」へ