デモクリトス (Democritus)

デモクリトス(B.C.460頃〜B.C.370頃)は、バルカン半島のトラキア地方に位置するアブデラ(現在のギリシャ)の出身である。

デモクリトスは、師であったレウキッポスの原子論を受け継ぎ、世界をつくり出している原理を「アトム」(原子)と呼んだ。
「アトム」は、それ以上分けることができない極小の粒子のようなもので、いろいろな形態と大きさのものがある。
そして、この「アトム」が「空虚」(ケノン)のなかを動き、無目的(機械的)にくっついたり離れたりすることによって事物は生成したり消滅したりするのであり、さらに、「アトム」の形態と「アトム」同士の並び方、位置によって事物に多様性が生じるのだと説いた。(※1)

パルメニデスにおいて、存在するのは「ただあるもの」(ト・エオン)だけであり、非存在は“ないもの”として退けられた。
しかし、デモクリトスにおいては、「アトム」と同じように、「空虚」も「何ものでもないもの」として“ある”とされた。
こうして、パルメニデス‐ゼノンによって否定された事物の多様性は、ふたたび“息を吹き返した”のである。

(※1)世界は「アトム」によってできているという考え方は、ヘレニズム期の哲学者エピクロスや、近代の自然科学に大きな影響を与えた。

◀︎ アナクサゴラス
ソフィスト ▶︎

【西洋哲学史と倫理学のキホン:目次】

管理人のサイト「QLOCOZY」へ