ロック(Locke):単純観念/複合観念と一次性質/二次性質

人間の認識は経験にもとづくと説いたロックは、次に、経験から観念が生み出されるプロセスについて論じている。

ロックによれば、経験は2種類に分けられる。
1つは、目や耳、鼻、舌、皮膚といった感覚器官に外界の事物が作用することによって生じる「感覚」である。
この感覚によって、われわれは、“白い/黄色い”“熱い/冷たい”“柔らかい/硬い”“甘い/苦い”といった観念を得る。
もう1つは、心が自分自身の心を顧(かえり)みて、考えたり、疑ったり、信じたりする「反省」で、この反省も観念の源泉だとされる。
人間は、この世に生まれてからしばらくのあいだは感覚から生じる観念を持つようになり、その後、自分自身の心の働きを反省するようになるのだという。

次に、ロックは、観念について論じる。
ロックによれば、観念は2種類に分けられる。
感覚と反省によって生じる「単純観念」と、複数の単純観念が比較されたり、合成されたり、抽象されたりすることによって生じる「複合観念」あるいは「複雑観念」である。
“白い”“甘い”“ざらざらする”といった単純観念が合成され、“砂糖”という複合観念が生じるというように考えれば、わかりやすいだろう。

さらに、ロックによれば、単純観念とひと口に言っても、たとえば、視覚がそれぞれ、“丸い”と受け取った観念、“大きい”と受け取った観念、“白い”と受け取った観念は異なるという。
なぜなら、大きさ、形、数、位置、運動、固さといった単純観念は、感覚の対象(物体)に備わった性質=「一次性質」であるのに対し、色、音、味といった単純観念は、対象(物体)が感覚器官に働きかけて生み出される主観的な性質=「二次性質」であるとロックは考えたからである。

このように考えたロックにとって、人間の認識は「観念の一致/不一致」に依存していたが、そのあり方には差があった。
つまり、2つの観念が一致するか否(いな)かを直接的な感覚によって把握できる認識=「直覚的認識」は、もっとも確実である。
次に、2つの観念が一致するか否かを別の観念を持ち出してはじめて間接的に把握できる認識=「論証的認識」は、論証の各段階において用いる観念が直接的な感覚によるものであれば、確実だと言える。
しかし、外界における物体については、存在を否定できないが、感覚的にしか認識できないため(「感覚的認識」)、もっとも確実でないとされた。

ロックは、神、精神、物体の3つを実体として認めていたが、精神は直覚的認識によって、神は論証的認識によって、それぞれ確実に存在すると言えるものの、感覚的認識の対象となる物体については認識の確実性が低いため、実体としては曖昧(あいまい)な存在であると考えられた。

このようにしてロックは、人間の認識は経験によること、認識には確実性において差があることを唱え、経験にもとづかない認識による主張を排除して知の範囲を定め、経験的な学問の基礎を確定したのである。

◀︎ ロック:生得観念の否定とタブラ・ラサ
バークリー ▶︎

【西洋哲学史と倫理学のキホン:目次】

管理人のサイト「QLOCOZY」へ