メルロ=ポンティ(Maurice Merleau-Ponty)

フランス西南部に生まれたモーリス・メルロ=ポンティ(Maurice Merleau-Ponty、1908-1961)は、それまで西洋哲学において主題とされることのなかった「身体」を自身の哲学の中心に据え、その身体が、心身二元論において分け隔てられた精神と物質のどちらにも属する「両義性」を備えていることを、ありのままに捉えようとした。
それは、近代の哲学や科学が、人間を精神と身体とに峻別し、その2つを純粋な意識や物質へ還元するようにして分析していることへの批判であった。

現象学の援用

メルロ=ポンティは、1942年に著した『行動の構造』において、生理学や心理学では、人間の「行動」や、その行動の起点となる「身体」、また、身体が世界と触れ合う経験である「知覚」を充分に捉えることができないと考え、「行動」「身体」「知覚」を捉えるための新しい理論が必要だと訴えた。
この新しい理論のためにメルロ=ポンティが援用したのが、フッサールが提唱した「現象学」であった。
メルロ=ポンティによれば、現象学とは、人間の知覚や科学が言葉や理屈によって築き上げる前の世界をそのままに言い表すための方法である。
その現象学によって、メルロ=ポンティは、画家が目の前の風景を一歩退いてありのままにカンヴァスに描こうとするように、〝哲学や科学によって構成された世界〟から一歩退いて、ありのままの「生きられた世界」を言い表そうとしたのである。

身体図式、現象的身体、習慣的身体

メルロ=ポンティは、1945年に著した『知覚の現象学』において、人間は身体によって知覚することから、特に身体に注目し、それを詳細に分析した。
メルロ=ポンティによれば、 まず身体は、「客観的身体」と「現象的身体」に区別されるという。
「客観的身体」とは、身長、体重などの身体のサイズや、内臓・器官などの健康状態、背筋力などの運動能力といった、測定や診断をすれば数値化できる身体のあり方のことである。
一方、人は歩いたり走ったり、ボールを投げたり蹴ったりするときに、個々の状況に応じて無意識的(「自然発生的」)に身体を動かしているが、そうしたことができるのは、身体がさまざまな感覚や運動を互いに結びつけ、1つの構造をつくりあげる機能=「身体図式」を持っているからである。
そして、さまざまな「身体図式」が習得されていき、網の目のように構造化されたのが「現象的身体」である。
また、習得されたさまざまな「身体図式」が習慣化されると、「習慣的身体」ともなる。
「習慣的身体」においては、たとえば、事故などで右腕をなくした人が、そのないはずの右腕に痛みやかゆみを覚えたり、まるで右腕があるかのようなリアルな感覚を覚えたりする「幻影肢」という現象があるが、メルロ=ポンティによれば、これは「習慣的身体」の誤動作である。
つまり、右腕を必要とする「身体図式」が習慣化されていて、簡単には消えないために、現実には右腕を失っていても、右腕を必要とする状況において、その(ないはずの)右腕を動かそうとすることから生じる感覚なのだという。
こうしたことは、身体が、物質に属するだけでなく、精神にも属していなければありえないことである。
このように、メルロ=ポンティは、身体は物質にも精神にも属する「両義性」を備えていると考えたのである。

「真の哲学とは、世界を見ることを学び直すことである」

こうしたメルロ=ポンティの考え方に従えば、従来の哲学が見落としてきた〝知覚の可能性〟が明らかになる。
たとえば、従来の哲学においては、人が目の前の1本の木を見るとき、高くて、よく葉が繁っていて、幹が太い……といった視覚的な情報だけを得ると考えられた。
一方、メルロ=ポンティの哲学においては、人はさらに、ゴツゴツとした木の表面の肌触りや、重厚な質感、長い年月を生き抜いてきた威風といった視覚情報以上のものまで、同時に〝見る〟(感じ取る)と考えられたのである。
しかし、現実には、人は何かを見ても、視覚的な情報しか認識しない。
それは、この世界に慣れ切ってしまっているからである。
だから、人は、視覚情報以上のものを感じ取るような〝見る〟あり方を取り戻さなければならない。
メルロ=ポンティによれば、その役割を果たすのが哲学なのである。
彼は、こう語っている――
真の哲学とは、世界を見ることを学び直すことである」(『知覚の現象学』序文)

ブックガイド

メルロ=ポンティ 触発する思想』(加賀野井秀一 著)
▼メルロ=ポンティ哲学の入門書は何冊かあるが、そのなかでも本書は、読み物風のスタイルで書かれているため、とても読みやすい。わりとスラスラ読める……が、一方で、メルロ=ポンティを解説するにあたって質を落として書かれているわけではないので、決して理解しやすいとは言えない。それでも、メルロ=ポンティの哲学に初めて触れる人には、もっともオススメである。

メルロ=ポンティ・コレクション』(中山元 訳)
▼メルロ=ポンティの著書や講義録から選ばれた文章が、言語、身体、自然、政治と歴史、芸術といったテーマ別に編まれている。メルロ=ポンティ自身の言葉に(翻訳ではあるが)じかに触れながら、彼が各テーマについてどのように思考したのか、その道筋がわかる一冊である。






◀ サルトル
ウィトゲンシュタイン ▶

【西洋哲学史と倫理学のキホン:目次】