スピノザ(Spinoza):実体、属性、様態

デカルト哲学は、心(精神)と身体(物体)を別々の実体とすることにより心身問題をもらたしたが、その後、この難問を“解決”しようとする哲学が続々と現れた。
そうした哲学を唱えた1人が、スピノザ(1632〜1677)である。

デカルトは、実体とは他の何ものにも依存しないものだと考え、精神と物体を実体として認めた。
しかし、精神と物体という2つの実体があるとすると、実は互いの存在をあらかじめ前提していることになり、実体の定義に反することになる。
そこでスピノザは、実体はただ1つであるという“出発点”から自身の哲学を構築していった。

エチカ』の冒頭においてスピノザは、「自己原因(カウザ・スイ)とは、その本質が存在を含むもの、つまり、その本性が存在するとしか考えられないもののことである」(「定義1」)「実体とは、それ自身において存在し、それ自身によって考えられるもののことである。つまり、その概念を形成するために他のものの概念を必要としないもの」(「定義3」)であると述べている。
これは、実体とは、他の存在に依存したり影響されたりしない、自分自身にしか根拠を持たない(「自己原因」としての)存在であり、他に依存しないのであるから、必然的に唯一の存在である。
つまり、スピノザにおいて、実体とは「」のことなのであるが、この神はさらに無限であり、すべての存在を部分として包み込み、世界(宇宙)に遍在する存在なのであった。(※1)

神が唯一の実体であるとすれば、デカルトにおいて実体とされた精神と物体はどうなるのか?
スピノザによれば、精神と物体は、実体そのものでは決してなく、実体=神の「属性」である。
つまり、精神と物体は、そもそもが同一の実体に属している性質であり、人間の理性が実体についてその本質を構成していると認識するもの(1つの実体をそれぞれ別の側面から見たもの)にすぎないのである(「定義4」)。

こうしてスピノザは、デカルトの心身問題を克服しようとしたのであった。

なお、スピノザの哲学には、「実体」「属性」という概念と並んで、「様態」という概念がある(「定義5」)。
これは、神の、その時々における(一時的な)個々の表れのことである。
そのため、様態は有限で変化し、人間の目には偶然に見えることがある。
たとえば、人間が“世界”という言葉で理解しているものは、実は神の様態なのである。

(※1)神が世界(宇宙)に遍在するという考え方を「汎神論」と言う。

◀︎ デカルト:主観/客観図式と心身問題
スピノザ:心身平行論と自由意志の否定 ▶︎

【西洋哲学史と倫理学のキホン:目次】

管理人のサイト「QLOCOZY」へ