タレス(Thales)

西洋哲学史の多くの教科書では、哲学はタレスから始まったと書かれている。
その理由は、古代ギリシア哲学者の1人であるアリストテレスが『形而上学』のなかでそう言っているからである。

タレス(B.C.624頃〜B.C.546頃)は、イオニア地方の都市国家ミレトスの出身で、幾何学と天文学に秀(ひい)でていた。
中学校の数学の教科書に出てくる「タレスの定理」(半円の弧に対する円周角は直角である)のタレスは、このタレスにちなんでいる。

そのタレスは、万物の「アルケー」(始め、原理)を「」だと言った。
生成変化する世界の“おおもと”は、「水」だと言ったのである。
タレスは、自然現象全体にわたる原理によって世界を説明しようとしたわけだが、これはおそらく、次のように考えたからだと思われる——

海水は蒸発して雲になる。
その雲は、雷(火)を発生させたり、雨を降らせたりする。
雨は地に落ちると、土を湿らせて植物を育て、人間を含む動物を養いもする。
また、その水は川となり、ふたたび海へと還っていく……。
つまり、タレスは、水がみずから生命を持っているかのように(※)自在に液体、固体、気体と変化して循環しつつ、世界を動かしていると見て取ったのである。

このように、タレスは、人間を含めた世界(自然)全体を貫き、それを生成変化させる“おおもと”(の物質)を論理的に言い当てようとしたのであり、物語による神話的な世界説明を捨てたのである。

(※)物質のなかに生命力の存在を認める思考を「物活論」(ヒュロゾイズム)と言う。

◀︎ [ブックガイド]哲学史入門編
アナクシマンドロス ▶︎

【西洋哲学史と倫理学のキホン:目次】

管理人のサイト「QLOCOZY」へ